読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CUBE TONE

ギターやDTMのことについて色々と

タジン鍋のおかげで健康で文化的な生活を取り戻した話

先週タジン鍋を買った。

 

hacchan320.hatenablog.com

以前からこちらの記事を読んで興味があったんだけども
Amazonで物色してはう~んまた今度にしようと先送りにしてきたが、
リサイクルショップを物色しているときに23cmのタジン鍋がそこそこ安く売っていたので、
最近外食も多いし出費も馬鹿にならないからまた自炊するか~ってなことで購入。

今までの食生活は大体
松屋→コンビニ弁当→パスタと
実家を出た男性の典型的なループに陥っていた。
特に曲の制作期間中は時間が制作に取られるので、なおさら疎かに
片付ける必要の少ない=面倒でない食事にシフトしていた。

当然栄養など取れるはずもなく、
生来の好き嫌いの多い性格のため野菜は食べず炭水化物と肉がメイン。
今はもう好き嫌いはだいぶ改善されているが、やはり癖になってしまって後回し。
どんどんと健康で文化的な食生活からどんどん遠ざかっていった。(ある意味恩恵は受けているけれど)


そんな食生活に救いの手を差し伸べてくれたのがタジン鍋だった。
こいつのポテンシャルが計り知れないほど大きかった。

タジン鍋のすごいところ

1.洗い物が少ない


今一番恩恵を受けているのがこれ。
タジン鍋は鍋の部分が平べったいので皿代わりにできる。
なので、そのまま鍋から食べたらそのまま洗って終わり。
でも料理を作るには食材を切らなきゃいけないし
ボウルなど色々使うときがある。

これも使ってみてわかったことなのだが、
タジン鍋は基本材料を鍋に放り込んで蓋をして出来上がるまで待つだけで料理ができるのだが、
この待ってる時間にまず一回目の洗い物を済ますことが出来る。
これで格段に食事が終わった後の洗い物が、使った食器だけで済ませることが出来る。
これはモノグサには非常に重要なメリット。

 

2.費用が安い

自炊するっていう人はまあ節約の意味も兼ねてる場合が多いので
タジン鍋に限った話ではないんだけども、やっぱり費用が安くなるに越したことはない。
これをうまくやりくりすれば大体1食200円を切る。
うちの近くの松屋の並盛りが290円なので、1食分大体100円~130円の得になる。
しかも美味い。

 

3.栄養がある

タジン鍋は水を使わないでも野菜からでる水分で蒸される構造になっているので、
油も使わなくていいし、野菜の栄養の逃げも少ない。
キャベツや白菜なんかは温野菜にすることで多く食べることが出来るし。
生野菜が苦手なので、この効果はかなりありがたい。

 

4.料理に手間がかからない

タジン鍋に材料をぽいぽい入れて蓋をするだけなので、
キャベツなんかは手で千切ってどんどん乗せて
その上に肉なんかを乗せて調味料を振って
蓋をして数分待てばそれだけで美味しい料理が出来る。

 

以上の理由によって、
"栄養"や"節約"という言葉から程遠かった生活に潤い、
ひいては健康で文化的な生活を取り戻すことが出来たと確信している。

タジン鍋は一人暮らしのモノグサで料理したこと無くて
毎日外食かコンビニ弁当で栄養面が心配っていう人には
ほんとに絶大な効果を発揮するので、おすすめです
だって野菜千切って肉乗っけるだけなんだから。

これで魚料理も作れるようになればもうタジン鍋で一生暮らしていけるな!